創業70年、クロコダイル専門の老舗メーカーが仕立てるクロコダイルウォレット | 池田工芸WEB本店
  • 池田工芸インフォメーション


    池田工芸公式OnlineShopお支払い情報
  • ▼送料
    648円
    (沖縄・一部離島除く)

    ▼お支払い方法
    ・代金引換
    ・後払い.com
    ・クレジットカード
  • 対応クレジットカード


  • 池田工芸カスタマーサポートのご案内
  • 営業時間 平日10〜18時
    TEL:0120-916-732
    E-mail:order@ikedakohgei.jp

    ※メールおよびご注文は24時間受付けております。


「池田を見て、初めてクロコダイルの財布が欲しいと思った」そんな風に仰って頂くことがあります。「池田のクロ」と言われる瑪瑙磨きの艶クロコダイルは、革の宝石と言われるクロコダイルの中でも特に宝飾品に近いとされ、クロコダイルに馴染みのある方でも、池田工芸のようなクロコダイルは初めてで、という方は少なくないようです。 艶クロコダイルは、楽しみ方も千差万別。ダイアモンドのように繊細に手入れをしながらその輝きを楽しむ方、シルバーのように普段使いの中で少しずつ自分に馴染んでいく味を楽しむ方。お客様が実際にお使い頂いている商品を見せて頂くと、一つ一つが 違った表情をしていて、まるで持ち主の人となりをあらわしているようにも思えます。「大切に育ててもらっているな」と嬉しくなったりもします。

 私たちの手を離れて、商品がお客様の元に届いてからも、クロコダイルの専業メーカーとして、初めて池田工芸の艶クロコダイルを使うという方のためにお手伝い出来ることはないか…と考え、改めてクロコダイルレザーのお手入れの仕方や注意点などについてまとめさせて頂くことにしました。お手入れの方法に絶対はなく、世の中にはここで紹介する 以外にも色々な方法がございますが、池田工芸がクロコダイルにとって良いと考えることをご案内させていただければと思います。よろしければご参考にしていただき、池田工芸のクロコダイル商品を楽しむ一助となれば 嬉しく思います。
<皮革製品について>

池田工芸で取り扱いの皮革製品は、瑪瑙磨きのスモールクロコダイル (ポロサス)をはじめとしたクロコダイルやエキゾチックレザー、牛革 などを厳選して使用しています。 池田工芸では「革に負荷をかけない」ことをポリシーとし天然の革が持 つ本来の風合いを生かすために、過度な加工を出来るだけ避け、また素 材を生かすのに相応しい良質な原皮を選んでいます。 これらの天然の革は動物の皮膚がそうであるように、自然に仕上げられ たものほど水分や湿気にデリケートで使用方法によって細かい傷がつき やすくなっております。 水分、湿気、日光、ご使用の中での負荷により光沢の減少、色ムラ、変 色、変形の原因となってしまうため、池田工芸の皮革製品と長くお付き 合い頂くために誠にお手数ではありますが下記の特徴、注意点をご使用 の前にご一読ください。

水分について

瑪瑙磨きのクロコダイルは天然革の風合いを活かした素上げ染色の革 を磨き光沢仕上げしていますので、自然な輝きや革ならではのしっとり した手触りに優れている反面、表面がデリケートで雨、湿気、汗などの 水分、油分が付着したり高温多湿な場所での使用や保管に弱い特質があ ります。その為、上記のような環境では光沢を損ない、色ムラ、シミ、 色落ち、色移り、カビなどの原因になります。また、水分を表面に吸収 すると表皮が膨張し水膨れなどの原因となり修理が困難な場合がござい ます。
表面の風合いついて

天然素材の表面には、クロコダイル特有の斑の内側にある穿孔という 窪みや、生態傷・痕などが存在し、革によってはシワや色ムラの様に見 える箇所もございます。 自然本来の個々の素材感を生かすためにあえて均一になるような加工を していないため、同じものは一つとしてありません。また、天然とは言 え池田工芸のクオリティーに満たないような表面傷の革が混入しないよ う、革一枚一枚を池田工芸の審査基準で検品した物のみを仕入れており ますが、万が一、お届けの製品に不明な表面傷が見られた場合はサポー トセンターへお問合せ下さい。

変形・変色について

・本革は、日光や蛍光灯などの光に照射したり、放熱器具や有機溶剤(シンナーやベン ジンなど揮発性溶剤周辺での保管)、塩化カルシウム系などの乾燥剤のご使用は、変色 や黄変、変形の原因になりますのでご注意ください。

・ご使用の中での強い圧力や摩擦、また財布へのカードや貨幣の詰め過ぎや、バッグへのお荷物の詰め過ぎなどは、革への負荷が非常に高く、表面の擦り切れ、型崩れ、色落ち、色移り、変色などを引き起こす原因になりますのでご注意下さい。

金具、コバ塗りについて

・製品に含まれるファスナーや金具などの金属は、ご使用頂く中で経年変化によるメッキの摩耗、色の薄れが生じてまいります。また水分や強い圧力がかかると破損、変型、腐食が発生する場合があります。

・デザイン上、裁断した革の側面にコバ塗りという加工を施す場合があります。 材質の特性上、ご使用頂く中で摩擦による擦り切れ、ベタつき、ヒビ割れ、剥がれる事があります。服地などへの傷やシミになる恐れがありますので金属やコバ塗りに上記のような変化が見られた場合は、可能な限りの修理(状態により有償・無償)を承りたく思いますのでサポートセンターへご連絡ください。

保護剤について

池田工芸の艶クロコダイルは瑪瑙磨きによる艶出しを特徴としており、その磨きで生まれた繊細な光沢を出来る限り自然な形で保護するため表面を保護剤で仕上げております。一般的なエナメル加工レザーがエナメル樹脂によって光沢を出している物と異なり、瑪瑙石の磨きによる自然な光沢を妨げないように保護剤は限りなく薄づきとさせて頂いているため、保護剤は表皮自体の摩耗の全てをカバーするものではない事、どうぞご了承ください。

天然革はクロコダイルに限らず全て日常生活でご使用いただく中でどうしても皮膚と同様に摩耗や傷が発生いたします。池田工芸の保護剤は、クロコダイルの表面に問題が起きた場合でも地の革自体へのダメージでなければ保護剤を塗り直す艶再生をすることで、できるだけ長くクロコダイルをお楽しみいただく役割がございます。ご使用の中で表面の擦れが気になられた際には、艶再生が可能か拝見したく思いますのでサポートセンターへご連絡ください。

 
1.日常的なお手入れについて


汚れがついてしまったら?

革は、繊維が絡み合って構成されています。いわゆる多孔質構造のため、 汚れがついた時に内部に浸透していきやすいのです。内部にまで汚れが 浸透してしまうと、表面をどれだけこすっても汚れを落とすことができなくなってしまいます。 その場合、シンナーやベンジン等の薬品を使って汚れを落とす…という発想に なりがちなのですが、これはお勧めできません。なぜなら、それらの薬品が原因で 「シミ」になってしまう可能性が高いからです。

シンナーやベンジンを使って汚れを落とそうとすると、かえって汚れが繊維間に浸透してしまったり、革に含まれている染料などが移行してしまい、シミになってしまうのです。これらの薬品ほどではありませんが、水拭きもまた、同じような理由で シミや色ムラの原因になることがあるので、これもお勧めできません。
まずは「から拭き」

汚れ落としの基本は、「から拭き」が良いと考えています。革にとって、水分や湿気は あまりよい影響を与えません。ですので、もし水分を含む汚れ(雨などの付着も含む) がついた時には、できるだけ素早く吸い取るように乾拭きしてください。

ただし、水分や湿気を嫌うから…といって、ドライヤーなどを使って高温で乾かすことは避けてください。革に熱を加えると、収縮したり、硬化したりする可能性があり、 劣化につながります。

毎日かたちを整える

革は、一定の力が加わり続けると、そのとおりに形を変えていきます。これは良い特徴 とも捉えられますが、意図しない変形は見た目の美しさを損なうことが多いので、そう ならないように配慮することが大切だと考えています。 そこで、お財布などが「無理な力がかかった状態で、放置されていないか」ということを 少しだけ気にかけていただけると嬉しいです。たとえば、小銭の入り方。例えば、カード段。 あるいは、お財布などに固いもの、尖ったものが触れていないか。こうした要素は、革が 意図しない形状変化を起こしてしまう原因になります。

理想を言えば、毎日その日の使用を終えたら、「きれいな形」に整えて保管していただく のが良いと思います。たとえば革靴は、履き終えた後で、シューキーパーを入れて形を 整えて保管される方も多いと思います。それと同様に、お財布などの小物も、なるべく 形を整えて保管していただくことで、長くお使い頂けます。 また、使い方や大気の湿度によっては、使っているうちに革が水分を含んでいることがあります。 詰め物をして休ませることで、形を整えるとともに余分な水分を放出させる効果もありますので、 これもお勧めしています。詰め物は、白い紙が適当です。新聞紙などは、インクが付着してしまう 可能性があるので避けたほうがよろしいかと思います。

2.長期間保管される際のご注意

長期間保管される際には、まず次のご準備をしていただくのがよろしいかと思います。
1.から拭きして水分や汚れを落とす
2.詰め物をして形を整える
3.不織布や布袋に入れる

つぎに保管の状況ですが、何点か注意していただきたい要素があります。
1.直射日光のあたらない場所であること
2.風通しの良い(空気がこもらない)場所であること
3.ビニル袋に入れるなど密閉した状態にしないこと

これらの要素は、それぞれ色あせ、変色、乾燥による劣化、カビなどの 防ぐために大切です。また、革製品同士あるいは革製品と合成皮革製品等が直接触れ合う状態での 保管はしないでください。それぞれの染料や仕上げ材などが移行して汚れやシミと なってしまうことがあります。一つ一つ、不織布等の袋にいれて保管して頂ければ 嬉しく思います。

3.クロコダイルレザーでよくある質問

Q.ツヤを長持ちさせるにはどうすればよいでしょう?

A.日常的な手入れと、気になったら艶再生を。

ツヤを長持ちさせるには、まず上記の革の特性をふまえて日常的なお手入れを行うこと。 グレージング仕上げのクロコダイルが輝いて見えるのは、表面の凹凸がほとんどなく、光が鏡のように反射しやすくなっているからです。鏡も磨いて手入れをするのと同じように、こまめな手入れが長持ちのコツですが、一方でご使用になるうちに持つ人に馴染んでいき、シルバーの宝飾品のように細かな傷がつき風合いが出るのも天然素材ならではの楽しみ方。 お持ち頂く人の好みでクロコダイルを育てて頂ければこれほどうれしいことはありません。

また、池田工芸の艶クロコダイルは、 艶を長くお楽しみ頂くために、保護剤での仕上げを行っています。地の革自体へのダメージでなければ保護剤を塗り直す艶再生をすることで、できるだけ長くクロコダイルの艶をお楽しみいただけるため、ご使用の中で表面の擦れが気になられた際には、艶再生が可能か拝見したく思いますのでサポートセンターへご連絡ください。
Q.手入れ剤(クリーナーやクリームなど)は何を使用すれば良いですか?

A.なるべく使用しないのが望ましいです。

グレージング仕上げのクロコダイルレザーの手入れにおいては、なるべくクリーナーやクリームは 使用しないほうが良いと考えています。それらの仕上げ材自身が、色落ちやシミの原因と なってしまうことがあるからです。お使い頂く中で擦れなど状態が気になる場合には、お手数ですが一度拝見し、ご相談の上で修理を承ることもできますのでサポートセンターへお問合せください。
Q.湿気を防ぐために、乾燥剤を使っても良いですか?

A.シリカゲル系の乾燥剤ならOKです

乾燥剤を使って湿気を防ぐこと自体は問題ありません。ただし、使用する乾燥剤の 種類にはご注意下さい。

塩化カルシウム系の乾燥剤は、大気中の水分を吸収し続け、液状になります。それが 革に付着すると、革遷移を変質させ、ケロイド状になってしまうことがあります。そのため、 塩化カルシウム系の乾燥剤はさけ、シリカゲル等をお使い頂くことをお勧めしています。

なお余談に近いのですが…塩化カルシウムは融雪剤としても使用されています。そのため 特に寒い地域では、濡れた床やマットなどの上に皮革製品を置かないこと、また雪道の 泥はねが付着しないようご注意いただいた方がよろしいかと思います。
池田工芸WEB本店サポートセンター窓口

営業時間 平日10〜18時

TEL:0120-916-732 (フリーダイアル)

E-mail:order@ikedakohgei.jp


ご購入いただいたお客様は、『受注番号』『商品名』、 ご注文時にご登録頂きました 『お名前(フルネーム)』『ご住所』『電話番号』 などのお客様のご注文が確認出来るものを記載の上、 ご連絡を頂けますようお願いしております。

なお、商品へのお問合せについては、内容によって池田工芸の専属職人へ確認をとりご案内する場合がありますので、お返事に少々お時間を頂く場合がございます。予めご了承くださいませ。
l