創業70年、クロコダイル専門の老舗メーカーが仕立てるクロコダイルウォレット | 池田工芸WEB本店
  • 池田工芸インフォメーション


    池田工芸公式OnlineShopお支払い情報
  • ▼送料
    648円
    (沖縄・一部離島除く)

    ▼お支払い方法
    ・代金引換
    ・後払い.com
    ・クレジットカード
  • 対応クレジットカード


  • 池田工芸カスタマーサポートのご案内
  • 営業時間 平日10〜18時
    TEL:0120-916-732
    E-mail:order@ikedakohgei.jp

    ※メールおよびご注文は24時間受付けております。
皮革製品はよく、「商品になった時点では、まだ半製品。お客様にお使い頂いて、それぞれの 商品に個性的な風合いがあらわせてきて初めて、完成品になる」ということを言われます。 私たちも、その通りだと考えていて、お客様が実際にお使い頂いている商品を見せて頂くと、一つ一つが 違った表情をしていて、まるで持ち主の人となりをあらわしているようにも思えます。「大切に 育ててもらっているな」と嬉しくなったりもします。

私たちの手を離れて、商品がお客様の元に届いてからも、クロコダイルの専業メーカーとして なにかお手伝いが出来ることはないか…と考え、クロコダイルレザーのお手入れの仕方などに ついてまとめさせて頂くことにしました。お手入れの方法に絶対はなく、世の中にはここで紹介する 以外にも色々な方法がございますが、私たちが良いと考えることをご案内させていただければと 思います。よろしければご参考にしていただき、クロコダイルレザーの商品を楽しむ一助となれば 嬉しく思います。
1.日常的なお手入れについて

革は、繊維が絡み合って構成されています。いわゆる多孔質構造のため、 汚れがついた時に、内部に浸透していきやすいのです。内部にまで汚れが 浸透してしまうと、表面をどれだけこすっても汚れを落とすことができなくなってしまいます。

その場合、シンナーやベンジン等の薬品を使って汚れを落とす…という発想に なりがちなのですが、これはお勧めできません。なぜなら、それらの薬品が原因で 「シミ」になってしまう可能性が高いからです。 シンナーやベンジンを使って汚れを落とそうとすると、かえって汚れが繊維間に 浸透してしまったり、革に含まれている染料などが移行してしまい、シミになって しまうのです。これらの薬品ほどではありませんが、水拭きもまた、同じような理由で シミや色ムラの原因になることがあるので、これもお勧めできません。

汚れがついてしまったら?

革は、繊維が絡み合って構成されています。いわゆる多孔質構造のため、 汚れがついた時に、内部に浸透していきやすいのです。内部にまで汚れが 浸透してしまうと、表面をどれだけこすっても汚れを落とすことができなくなってしまいます。 その場合、シンナーやベンジン等の薬品を使って汚れを落とす…という発想に なりがちなのですが、これはお勧めできません。なぜなら、それらの薬品が原因で 「シミ」になってしまう可能性が高いからです。

シンナーやベンジンを使って汚れを落とそうとすると、かえって汚れが繊維間に 浸透してしまったり、革に含まれている染料などが移行してしまい、シミになって しまうのです。これらの薬品ほどではありませんが、水拭きもまた、同じような理由で シミや色ムラの原因になることがあるので、これもお勧めできません。
まずは「から拭き」

汚れ落としの基本は、「から拭き」が良いと考えています。革にとって、水分や湿気は あまりよい影響を与えません。ですので、もし水分を含む汚れ(雨などの付着も含む) がついた時には、できるだけ素早く吸い取るように乾拭きしてください。

ただし、水分や湿気を嫌うから…といって、ドライヤーなどを使って高温で乾かすことは 避けたほうがよいです。革に熱を加えると、収縮したり、硬化したりする可能性があり、 劣化につながります。

毎日かたちを整える

革は、一定の力が加わり続けると、そのとおりに形を変えていきます。これは良い特徴 とも捉えられますが、意図しない変形は見た目の美しさを損なうことが多いので、そう ならないように配慮することが大切だと考えています。 そこで、お財布などが「無理な力がかかった状態で、放置されていないか」ということを 少しだけ気にかけていただけると嬉しいです。たとえば、小銭の入り方。例えば、カード段。 あるいは、お財布などに固いもの、尖ったものが触れていないか。こうした要素は、革が 意図しない形状変化を起こしてしまう原因になります。

理想を言えば、毎日その日の使用を終えたら、「きれいな形」に整えて保管していただく のが良いと思います。たとえば革靴は、履き終えた後で、シューキーパーを入れて形を 整えて保管される方も多いと思います。それと同様に、お財布などの小物も、なるべく 形を整えて保管していただくことで、長くお使い頂けます。 また、使い方や大気の湿度によっては、使っているうちに革が水分を含んでいることがあります。 詰め物をして休ませることで、形を整えるとともに余分な水分を放出させる効果もありますので、 これもお勧めしています。詰め物は、白い紙が適当です。新聞紙などは、インクが付着してしまう 可能性があるので避けたほうがよろしいかと思います。

2.長期間保管される際のご注意

長期間保管される際には、まず次のご準備をしていただくのがよろしいかと思います。
1.から拭きして水分や汚れを落とす
2.詰め物をして形を整える
3.不織布や布袋に入れる

つぎに保管の状況ですが、何点か注意していただきたい要素があります。
1.直射日光のあたらない場所であること
2.風通しの良い(空気がこもらない)場所であること
3.ビニル袋に入れるなど密閉した状態にしないこと

これらの要素は、それぞれ色あせ、変色、乾燥による劣化、カビなどの 防ぐために大切です。また、革製品同士あるいは革製品と合成皮革製品等が直接触れ合う状態での 保管はしないでください。それぞれの染料や仕上げ材などが移行して汚れやシミと なってしまうことがあります。一つ一つ、不織布等の袋にいれて保管して頂ければ 嬉しく思います。

3.クロコダイルレザーでよくある質問

Q.ツヤを長持ちさせるにはどうすればよいでしょう?

A.一番の対策は日常的な手入れをきちんと行うこと

ツヤを長持ちさせるには、日常的なお手入れをきちんと行うことが一番の対策になります。 グレージング仕上げのクロコダイルが輝いて見えるのは、表面の凹凸がほとんどなく、光が 鏡のように反射しやすくなっているからです。一方で、「ツヤがなくなる」状態というのは、 表面に凹凸が出来てしまい、光が乱反射してしまうことで、光沢が失われている状態 のことです。 つまり、革の表面の凹凸がない状態を保つことが、ツヤを保つことになるのです。

凹凸の原因として考えられるのは、大きく2つあります。
1.シワや擦り傷によるもの
2.手垢や汗など生活汚染物質の付着によるもの

これらは完全に防ぐことが難しいものですが、日常的なお手入れを欠かさずに行って 頂くことで、何も対処しないのに比べてずっと長くツヤを保つことができます。
Q.手入れ剤(クリーナーやクリームなど)は何を使用すれば良いですか?

A.なるべく使用しないのが望ましいです

グレージング仕上げのクロコダイルレザーの手入れにおいては、なるべくクリーナーやクリームは 使用しないほうが良いと考えています。それらの仕上げ材自身が、色落ちやシミの原因と なってしまうことがあるからです。どうしても汚れを落とすためにクリーナーを使用しての お手入れが必要な場合には、汚れの質と素材の相性によって使うべき手入れ剤が 違ってきますので、個別にご相談いただければと思います。
Q.湿気を防ぐために、乾燥剤を使っても良いですか?

A.シリカゲル系の乾燥剤ならOKです

乾燥剤を使って湿気を防ぐこと自体は問題ありません。ただし、使用する乾燥剤の 種類にはご注意下さい。

塩化カルシウム系の乾燥剤は、大気中の水分を吸収し続け、液状になります。それが 革に付着すると、革遷移を変質させ、ケロイド状になってしまうことがあります。そのため、 塩化カルシウム系の乾燥剤はさけ、シリカゲル等をお使い頂くことをお勧めしています。

なお余談に近いのですが…塩化カルシウムは融雪剤としても使用されています。そのため 特に寒い地域では、濡れた床やマットなどの上に皮革製品を置かないこと、また雪道の 泥はねが付着しないようご注意いただいた方がよろしいかと思います。
l